Date Tags VMware / VCP

資料

VCP-Data Center Virtualization
受験を計画されている方は、Exam Blueprints というPDFを一読されることをお勧めします。

VCP-DCVの概要

バージョン

VCP-DCVという資格は、VMwareの製品バージョンに合わせて区別されています。
例えば、現在のvSphereのバージョンは、5.5が最新バージョンであるため、VCP5-DCV呼ばれています。

さらに、試験については注意が必要で、VCP5-DCVという1つの資格に対して、2つのマイナーバージョンがあります。
それが、VCP510, VCP550で、vSphereのマイナーバージョンレベルでの違いです。
(他に前バージョンからのアップデート用試験もあります。Deltaみたいな感じで書かれていると、アップデート用試験です。)

有効期限

VCPの有効期限は、取得日から2年間です。

延長の方法は、3つあります。
1. 同じ試験に合格する
2. 上位試験に合格する
3. 他の試験(例えば、VCP-Cloud)に合格する

必須条件

新しくVCP-DCVを取得しようとする場合、トレーニングを受講する必要があります。
5種類のうち、対応するバージョンのものを、どれか1つ受講すれば良いですが、初心者向けの1.を受講することが多いようです。

  1. VMware vSphere: Install, Configure, Manage [V5.x]
  2. VMware vSphere: Fast Track [V5.x]
  3. VMware vSphere: Optimize and Scale [V5.x]
  4. VMware vSphere: Troubleshooting Workshop [V5.x]
  5. vSphere with Operations Management: Fast Track [V5.x]

ただし、日本で開催されているトレーニングは3つしかないようですが...。

試験内容

試験時間

120分
(+非英語圏の人は、+30分? 聞いている話だと日本語で受験できるはずなので、受験してみて確認します)

問題数

135問

合格点

300/500点

試験勉強に役立つもの

pre-test

VMware Certification

vCenter5.5 + ESXi環境

実機検証が何より役立つと思う。
あと5.5だとWeb Clientからしか使えない機能も増えているので、Web Clientを使っておいたほうが良いと予想している。

書籍

マスタリングVMware vSphere 5.5

個人的には、この本が一番良いと思っている。試験勉強中は、参照用に置いておくとはかどる。
実務でも役立つこと請け合いなので、試験が終わっても、とりあえず手元に持っておくと便利。


Comments

comments powered by Disqus