VCP6-NV 受験シリーズ

この記事について

  1. 書くこと
    • VCP6-NV の試験要項
    • VCP6-NV の受験方法
  2. 書かないこと
    • 試験の勉強方法
    • 試験内容

VCP6-NV について

VCP-NVは、VMwareのNSXを用いた仮想ネットワーク管理についての試験です。
他のVCPと同様に、VCA-NV → VCP-NV → VCAP-NV {Design, Deploy} → VCIX-NV → VCDX-NV というような資格体系です。

上記の図を含め、資格と試験の情報は以下にまとまっています。

VMware Certified Professional 6 – Network Virtualization (VCP6-NV)

試験について

まず、今日(2016/07/05) 時点での、試験は、 2V0-641: VMware Certified Professional 6 - Network Virtualization Exam です。
以前の試験から、2015/08/30あたりで切り替わっているようです(詳細は調べていません)。
そのため、昔の情報を見る場合には、きちんと現行のVCP-NVになっているのか確かめる必要があります。

受講資格について

現在、有効なVCPを持っているかどうかによって異なります。
昔のVCPを持っている人に取っては、あまり馴染みはないですが、現行のVCPの試験には Foundation試験を受けた後、DCVならDCVの試験、NVならNVの試験という風な2段階の試験になっています。
そのため、必要なトレーニングを受講後、試験2つをパスする必要があります。
ただし、現在有効なVCP資格を持っている場合、トレーニングもFoundation試験も免除されるため、NVの試験(2V0-641: VMware Certified Professional 6 - Network Virtualization Exam) を受けるだけで問題ありません。

まとめると以下です。

  1. 有効なVCPを持っている場合
    1. 2V0-641: VMware Certified Professional 6 - Network Virtualization Exam を受験し、合格する
  2. VCPを保有していない、もしくは失効している場合
    1. 対象のトレーニングの受講
      • NSX: Install, Configure, Manage [V6.0] , [V6.1], [V6.2]
      • NSX for Internetworking Experts Fast Track [V6.0],[V6.1]
      • NSX Troubleshooting & Operations [V6.1] (available as Onsite Training only)
      • NSX: Design & Deploy [V6.2] (available as Onsite Training only)
      • Security Operations for the Software Defined Data Center
    2. vSphere 6 の Foundation試験を受験し、合格する
    3. 2V0-641: VMware Certified Professional 6 - Network Virtualization Exam を受験し、合格する

試験の概要について

このページにまとまっています。
VMware Certified Professional 6 – Network Virtualization Exam

抜粋すると、以下の通りです。

  • 試験時間 : 100分
  • 問題数 : 85問
  • 合格点 : 300点
  • 対象のプロダクト : VMware NSX for vSphere v6
  • 試験費用 : $225 USD

まとめ

とりあえず、これから受けるのでまとめてみましたが、以前のVCPの情報よりよくまとまっていて、資格試験としての体裁が整っている印象です。
VMwareの人と話していても、資格試験としてまともなっていると聞くので、受ける価値がありそうです。
(以前のVCPはちょっと・・・という感じの試験内容だった。)

とりあえず、受けたらまた試験について書きます。

追記

VCP6-NV の試験勉強メモを書いた。


Comments

comments powered by Disqus