VCP6-NV 受験シリーズ

結果

462 / 500 (合格点: 300)

試験の内容について

割と事前に学習した内容が出ていたと感じる。
VCP-DCV (といっても、VCP5-DCVしか受けたことはない。) と違って、トレーニングの内容と試験内容がきちんと一致しているので、トレーニングのテキストを読み返すだけでも、かなり点は取れる気がする。

もっと学習しておくべきだったこと

  • VCNSからのアップグレード条件
    • 3問くらい出てた気がする
  • アクティビティモニタリング
    • 一般的な使い方を調べておけば良さそう
  • トラブルシューティングの方法
    • 特にフローキャプチャについて
  • QoS の知識
    • QoSの仕組み
    • 物理機器との連携について
  • 動的ルーティングプロトコル
    • プロトコル自体の一般的な事柄

一応、vRealize についての問題も出ていたが、使うつもりがないので、学習しない。

感想

3日間くらいでVCP-NVを学習したけど、普段使っていない機能について振り返りつつ、「こんな感じで導入すれば上手くいきそう、と思ったけど上限にぶち当たるなー」とか考えながらできるので良い。
やっぱり日常的に使っているプロダクトのベンダー試験は、そこそこの勉強で合格できるようになっているみたいだし、本番である程度運用に慣れてきたら、一度こういう試験を受けるのはアリだと思う。


Comments

comments powered by Disqus