Date Tags GCP / golang

概要

Google Pub/SubGoのSDK から使おうとしていました。
やっているといくつか詰まったので、メモしておきます。

  1. サービスアカウントを利用するためにCredentials JSONを指定する
  2. サブスクリプションの Pub/Sub サブスクライバー権限 を与えても Permission Denied になる

サービスアカウントを利用するためにCredentials JSONを指定する

権限の都合上、サービスアカウントのCredentials JSONを利用して認証したい、という要件がありました。
ドキュメントを見ていると、 ADC(Application Default Credentials) を利用して認証している場合が多いです。
これを使う場合、 GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS という環境変数が設定されていれば、そのファイルを読んでくれるのですが、今回の要件では複数の Credentials を利用したかったので、Go プログラム中で指定する必要がありました。

結論としては、以下のような形でpubsub client を作るときに認証情報を渡すことができます。

  jsonKey, err := ioutil.ReadFile(credentialJSONPath)
  conf, err := google.JWTConfigFromJSON(jsonKey, pubsub.ScopePubSub, pubsub.ScopeCloudPlatform)
  if err != nil {
    log.Fatal(err)
  }
  ctx := context.Background()
  ts := conf.TokenSource(ctx)
  c, err := pubsub.NewClient(ctx, projectID, option.WithTokenSource(ts))

Publisherのサンプルは以下の通りです。

サブスクリプションの Pub/Sub サブスクライバー 権限を与えても Permission Denied になる

結論としては、 Pub/Sub サブスクライバー 権限に加えて、 Pub/Sub 閲覧者 の権限が必要でした。
ドキュメント上は、 Pub/Sub サブスクライバー 権限だけで良さそうに見えますが、権限不足だったようでした。
Subscriberのサンプルは以下の通りです。


Comments

comments powered by Disqus