Consul とは

特徴

  • Service Discovery

    • Consulのクライアントは、"api"や"mysql"といった与えられた名前を持つサービスを提供
    • 他のクライアントは、Consulを使ってサービスを検出
    • アプリケーションはConsulが検出したサービスを、DNSやHTTP経由で検出
  • Health Check

    • 多くのヘルスチェックの提供
    • 実行されているサービスやノード上の情報などと連携
    • この情報を元に、クラスターの状態を監視
    • サービス検出コンポーネントを使って、良くない状態のホストを迂回できる
  • Key/Value Store

    • アプリケーションはConsulの階層的なKey/Valueストアを利用できる
    • 動的な設定変更や、フラグを立てたり、色々使える
    • HTTP APIで簡単に使える
  • Multi Datacenter

    • リージョンのことは気にしなくても、Consulが上手いことやる
    • (複数のgpssipプールを持っている云々書いているので、LANとWANで変えているのだと思う)

ステータスの確認のためには、謎のキレイなWebUIもある。

個人的に良いと思っているところ

  • DNSインターフェースでホストのIPを取得できるので、クラスター用のDNSサーバーのメンテナンスがいらないのが嬉しい
  • ホストの情報が散らばらずに、各サーバーで書かれている。それでいて、問い合わせは分散させられるのが嬉しい。
  • 一貫性は正義

登場するサーバー

  • Agent

    • Server or Client
    • HTTP, DNS, RPCのインターフェースを持ちうるやつ。 (実際に、持つかどうかは、起動時のclientオプションで決まる)
  • Server

    • クラスタ状況の管理
    • クライアントからのRPCへの応答
    • WAN側gossip, リモートデータセンターのリーダーへクエリ
    • クラスタ内ではそれほど多くなくて良いはず
  • Client

    • サーバーにRPCを送ってアピール
    • (gossipプールへの参加に関することを除いて、)割とステートレス
    • 通信料もそんなに多くない
    • いくらでもいて良い

インストール

バイナリを持ってきて、パス通ってるとこに置く。

http://www.consul.io/downloads.html

起動方法

  • Agentの起動
# server : serverオプションを指定
# - clientオプションは、RPC, DNS, HTTPのためのもの
# - bindオプションは、cluster情報のやりとりに使うっぽい
# - dcはデータセンター名らしい
# - nodeはホスト名
# - bootstrapは最初の1つだけにつける。他は大体joinしとけば良い。
consul agent -server -bootstrap -client=192.168.2.5 -dc=local \
      -node=con -data-dir=/tmp/consul -bind=192.168.2.5

# client
# - joinオプションで、agentのアドレスを指定。何個か書けるらしい
consul agent -dc=local -node=consul2 -data-dir=/tmp/consul2 \
      -bind=192.168.39.6 -join=192.168.39.5
  • Agentの再起動

Agentの再起動時には、 SIGHUP を送れば良い。

使い方

clusterからの情報を取得

  • Consulメンバー
# 自分の胸に聞くときは、"-rpc-addr"は不要
consul members
# クラスタの外にいたりして、誰かに教えてもらうとき
consul members -rpc-addr=192.168.2.5:8400
  • HTTPインターフェース
# JSON形式で情報が返る
curl 192.168.2.5:8500/v1/catalog/nodes
  • DNS
# 聞く先は適当に。 anyリクエスト投げとけば良いと思う
# <hostname>.node.consul (データセンターはlocalになる)という形式か、
# <hostname>.node.<datacenter>.consul という形式で問い合わせ。
dig @192.168.2.5 -p 8600 con.node.local.consul

Key/Valueストア

  • put
curl -X PUT -d 'first object' 192.168.2.5:8500/v1/kv/namespaces/keyname

# Check-And-Set : atomicなkey変更をするときに使うパラメータ
# ModifyIndex の値を指定して更新できる。
# まず、GETしてModifyIndexを見てPUTする、という操作をatomicにできる
curl -X PUT -d 'first object' 192.168.2.5:8500/v1/kv/namespaces/keyname?cas=97
  • get
curl -s 192.168.2.5:8500/v1/kv/namespaces/keyname
# => jsonが改行もされず表示されて辛い気持ちになる
curl -s 192.168.2.5:8500/v1/kv/namespaces/keyname | python -mjson.tool
# => 見やすくしてくれる
curl -s 192.168.2.5:8500/v1/kv/namespaces/?recurse
# => 再帰的に見てくれる

# index=101 : ModifyIndexが101より大きいものが帰ってくるまで聞き続ける
# wait=5s などすれば、5秒までしか聞かない

もっとConsul

Service, Health Check を定義する

定義はjson形式で書く。
サービスを定義したいサーバーの例えば、/etc/consul.d/以下に
# /etc/consul.d/mysql.json : サービスを定義
{"service": {"name": "mysql",  "tags": ["mysql", "db"],  "port": 3306}}

# /etc/consul.d/ping.json : pingステータスをチェック
{
"check": {"name": "ping",  "script": "ping -c1 google.com >/dev/null",  "interval": "30s"}
}

# /etc/consul.d/web.json : サービスを定義しつつ、サービスレベルでヘルスチェック
{"service": {"name": "web",  "tags": ["rails"],  "port": 80,
"check": {"script": "curl localhost:80 >/dev/null 2>&1",  "interval": "30s"}}}

とか書いて、起動オプションに、 -config-dir=/etc/consul.d を加える。

Service, Halthの確認

他のサーバーから定義されたサービスやステータスを知りたい。

  • DNS
NAME.service.consul or TAG.NAME.service.consul を使う。
さらに、SRVレコードを見れば、ポートもわかる
# Serviceを知る
dig @127.0.0.1 -p 8600 mysql.service.consul SRV
dig @127.0.0.1 -p 8600 db.mysql.service.consul SRV

# Health Checkに失敗してるやつ
dig @127.0.0.1 -p 8600 web.service.consul
  • HTTP
# Serviceを知る
curl -s http://192.168.2.5:8500/v1/catalog/service/mysql

# Halth Checkに失敗してるやつ
curl http://localhost:8500/v1/health/state/critical

Comments

comments powered by Disqus