Debian でログインシェルをzshにしている人が snappy を使う場合の注意

Snappy について

Canonical が主導しているパッケージシステムで、Universal Linux Package と銘打つように、ポータブルなパッケージングができそうな感じ。
ポータビリティを上げるために、dockerみたいな感じで、依存ライブラリも全部パッケージに含めてしまうスタイルなので、多少debパッケージよりは大きくなる。
その分、sidを使っているとよく起きる、共通ライブラリの依存バージョンの不整合がおきる、という問題は起きない。

snapcraftのページではパッケージングの方法も紹介されているので、配布したい人自身がsnapパッケージを作りやすいはず。
少なくとも、ディストーションごとのパッケージを各アプリケーション作成者がやるよりは、遥かにやりやすい。
自動アップデートとかもあるので …

more ...