ESXiをPXEブートして自動インストールする方法について、日本語での説明があまりなかったので、メモとして残しておく。

利用OS

  • ESXi 5.5
  • Debian 7.7 (DHCPサーバー, HTTPサーバーを兼務させる)

DHCP, TFTP, HTTPサーバーの準備

必要なソフトウェアのインストール

apt-get install tftpd-hpa isc-dhcp-server xinetd apache2

DHCPサーバーの設定

BOOTPでインストールするため、あまり自由度がない。

TFTPサーバーの設定

適当なディレクトリ以下を公開する。
ここでは、/srv/tftp とする。

kickstartイメージの準備

まずESXiのイメージの内容をもらってくる

cd /srv/tftp/
mkdir esxi
mount -o loop <ESXiのISO>.iso
rsync -a /mnt/esxi/

次に、pxe boot用のイメージを準備する。
必要なのは、pxelinux.o, pxelinux.cfg/

wget http://ftp.nl.debian.org/debian/dists/wheezy/main/installer-amd64/current/images/netboot/netboot.tar.gz
tar xvf netboot.tar.gz

PXEブートの設定ファイル

  • pxelinux.cfg/default
  • esxi/boot.cfg
    * もともとあるファイルの / を除去していく
    * prefixを代わりに設定

kickstart file

以下のファイルを /var/www/servers/ks.cfg として保存。
(ここでは、httpでやっているが、tftpでやっても良い。)

以上で、キックスタートの準備が終わる。

考えること

  • サーバーごとの個別設定の渡し方
    事前にMACアドレスがわかっている場合にはできるけど、そうでない場合には、難しい。

Comments

comments powered by Disqus