Intel NUC 上に vSphere 6.5 のVSAN環境を作る

Date Tags vmware

あまりVMwareを触らなくなってきて、何も見ずにvCenterの設定とかMaximum configurationsとか言えなくなってきたので、VMware周りのことをメモに残しておくことにする。
ひとまず、自宅のVSAN環境の構築メモ。

環境

以下の構成のIntel NUC 3台にESXiをインストールして、その上にvCenterを立て、VSAN環境を作る。

more ...




VMware VCP-NV (VCP6-NV) の試験を今週受けるので、試験について調べる

VCP6-NV 受験シリーズ

この記事について

  1. 書くこと
    • VCP6-NV の試験要項
    • VCP6-NV の受験方法
  2. 書かないこと
    • 試験の勉強方法
    • 試験内容

VCP6-NV について …

more ...

vSphere 6.0 でのHA機能のエンハンスの要点

まとめ

  1. vSphere 6からは、ストレージパスが死んだ場合でもHAを設定できるようになった。
  2. vCenterは watchdogs によりプロセス落下時には再起動される
  3. vCenterの可用性をさらに高めるにはWindows版を利用し、MSCSクラスタを設定する必要がある

資料

  1. VMware vSphere 6 のドキュメント
  2. http://www.vmware.com/files/pdf/vsphere/VMW-WP-vSPHR-Whats-New-6-0-PLTFRM.pdf
  3. vSphere 5 …
more ...

VDI, DaaS市場を調べてみた

最近、vCloud AirがDaaSを出すというのを聞いて、にわかに自分の中でDaaSに興味が出てきた。
DaaSとかVDIは、必ずActive Directoryの話になるので、気後れしていたのだけど、会社ではWindows使っていることもあって、少しは抵抗もなくなってきたので、良いタイミングだったので、調べてみた。
とは言っても、まずは世間にどんなものがあるかをしらべてみただけ。

参考資料

more ...

Ravelloが便利

VMware環境のテストをしたい

会社でVMware使っているのもあって、外でAPI叩いたりツールのテストしたいということがよくある。
今までは自宅でESXiとvCenter立ててやっていたんですが、やっぱりリソース的にVM数を増やしたりできないので、とても困っている。
あと、PackerとかでVMware用のイメージ作るときに使えるESXiも欲しかったので、どうにかできないかなー、というのもあって、
探していたらRavelloというサービスが面白そうだったので、紹介がてら書いておく。

Ravello とは

Ravello は、テスト環境を作成するためのクラウドサービス。
Ravelloロゴ

裏では、AWSとGCEを使っているのですが、どちらにデプロイされるかは意識せずに使える。
というのも、きちんとオーバーレイネットワークだったり、ストレージオーバーレイが行われているため。
それで、AWSなどでESXiをデプロイする際の最大の問題になるCPUの仮想化支援ですが …

more ...

vShere Beta Program の注意点

Date Tags VMware

VMware のBetaプログラムの利用について、基本的なルールがあるので、忘れないようにまとめた。
ここに書いてあることは、オレオレ要約なので、きちんと自分で確認してください。

ざっくり言うと、「ここで知ったことは他で話すなよ」ってことでした。

資料

利用方法

上記ページから"Join Now!"して、規約に同意すれば良い。
規約は以下の2つあるので、それぞれ同意することになる。

more ...

VCP5-DCV取得した

最近のブログはVMwareの話ばかりだったのですが、やっとVCPを取得してきました。
VCP-DCVを取得している人はたくさんいるので、個人的に受験した所感を書いておきます。

VCPトレーニングと試験内容のギャップ

トレーニングを受講しても、おそらく言われると思いますが、
VCP-DCVの試験はトレーニング内容と差が大きいと聞きます。(他のベンダー試験を受けたことがないので、わかりません)

聞いた内容では、ベンダーの資格試験は、トレーニング内容だけで合格ラインか、合格ライン+αくらいまではいけるのが普通だけど、
VMwareの試験はトレーニングの内容だけでは5割くらいしか取れなくて、自分で調べないと厳しい、という話でした。

とはいえ、実際に自分が受けた試験は、トレーニングの内容をきちんと理解していれば6割はギリギリ行けそうかな、という風に感じました。
自分は5.5対応の試験を受けたのですが、聞いたのは5 …

more ...